2021年09月01日

虫の音



虫の音が、日に日に増えてきます。

ダンナが、ひとつひとつ、虫の名前を嬉しそうに言ってたのを毎年思い出します。

ダンナは、人付き合いがあまり得意なほうじゃなかったですが
人を含め、植物も動物も昆虫も、生き物が、自然が好きでした。

わたしも、ふざけるのは好きですが、人付き合い、うまい、とは、全然いえません。誤解され、深く傷つくことも多いです。
だから、音楽してるのだと思います。

もっと、ダンナを理解してあげてたらなあ、ととても思います。

ダンナのお葬式での、わたしの喪主挨拶

奇遇にも、今度の新曲に注ぎ込んでます。

ダンナの意志を継ぐ
と、あのとき、言いました。

  きょう、曲のラスト、歌詞が浮かびました。
 受け継いだ意志、少しずつ表現できるといいな。

 祈りです。
posted by 空音唱 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする