2021年10月04日

音楽事務所

243878663_6572653889411717_4449698060472075542_n.jpg


今朝、とても大事なことが浮かびました。

 ものすごいよき理解者であったダンナを亡くし、理解してくれる人がなかなかおらず、理解はおろか、目線の違いから、誤解ばかりに、かなり、苦しんできました。
}
 しかし、今朝、浮かびました。

演劇でいえば、

脚本を書き、演者を探し、ホールを探し、資金面を考え、集客、営業方法を考え、指導もし、

 と、すべてのこなし、主演をはる。

これを、長年ひとりでこなし、続けてきました。

  その経験からでてくる目線、思考、

理解されるわけはありません。

  それに気付いた、今朝、なんだかスッキリしました。

ダンナは、年数かけてでも、耐え抜いていける基礎力を与えてくれたと思います。

 作曲、演奏は、夢と思っていません。あまりにも、自分と=なので。

 ダンナから受け継いだ、音楽事務所「岸景観工房音倶楽部」は、ダンナが亡くなり、ひどい状態になってますが、

 軌道に乗せようと思います。それが、大きな大きな夢です。

もう、理解者はいりません。誤解されてもいいです。

話を聞いてくれる友は、います。有難いです!

「音楽家」と「イベンター」を両立を目指す空音唱!!!きょうもいくぜい!


 写真は、鹿児島のしょうぶ学園の石野敬祐君が作ってくれた、わたしの宝物です。実物は壊れていくので、じつは、写真をポストカードにして保存してまーす♪


posted by 空音唱 at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする