2021年10月18日

姉ちゃん

KIMG3420~2.JPG
きょうは、姉ちゃんの命日。

 19年経ちました。

姉ちゃんが、子供のころから大好きで、

 特に、両親が亡くなってからは

兄弟姉妹がいて、本当によかった、と思って暮らしてました。

 今、生きてる、明日も生きてる、

と、

このときまでは、
命を、[当然]あるものように思って生きてました。

そうじゃないですね。生きてることは、奇跡なんですね。

 姉ちゃんの死は、あまりに衝撃で、人に会うときは、明るくしてたけど、内心、地に足がついてないような、

居場所が見つからないような、

 逃げ場がないような

なんとも表現できない気持ちでした。

 しかし、そんな時でも、季節は、いつもと変わらず巡り、

春の気配のする二月がやってきて、

その風の匂いに、どんなに救われたことか。

 それが[二月の風]という曲で

姉ちゃんに捧げるつもりで作ったのが、このアルバムです。

 今は、亡くなった大切な家族のエネルギー、想い、引き継いで、しっかりと

 曲、演奏に込めて、生きよう❗

と、思えてます。
posted by 空音唱 at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: